第一種放射線取扱主任者の勉強法 ~ぐーたらチャンマーの勉強箱~

半減期の語呂(ゴロ)合わせや放射線に関するコラムを書いています。一緒にお勉強しませんか?

受講初日(東海村受講記)

第一種放射線取扱主任者登録講習 受講初日(月曜日)


今日は受講初日の記事を書きます。

最初にオリエンテーションが行われ、講習に関する注意事項などが説明されました。
注意事項というのは
・欠席、遅刻、早退は認められない(午前と午後に出欠確認の捺印有り)
・講習のすべての講義を受講し、実習レポートの審査を合格しないと、最終日の修了試験を受験できない
・最終日の修了試験に合格しないと修了証がもらえない(=免状の申請が出来ない)
というなかなか厳しいものです。修了試験の結果は即日発表されますが、落ちた人は1回に限り追試験が認められます。
定員30名の名簿も配られましたが、個人情報保護のためか名前のみの記載でした。残念。(昔は会社名などもばっちり載っていたようです)

そのあとは一日座学。
・放射線安全管理の基本
・放射性同位元素の運搬
・放射線の測定及び線量評価
・密封線源の安全取扱

これらは事前に届いていた受講テキスト「放射線安全管理の実際」によって予習することも可能です。まーものすごい分厚いので受講当日まで読めない方がほとんどだと思いますが・・・。(私も)

講義は、初心者でもわかるように説明してくれています。
私の場合は試験合格から1年以上空いていたので、講義についていけるか心配でしたが、
座学に関してはブランクのある人でも十分ついていけると思います。(意味深)

↓受講のテキスト。これとは別に実験用のテキスト(ノート)もある。

text2

ほとんどの講義がスライドを使用しているので、別途印刷したレジュメももらえました。
「ここ大切ですよ!!!!」と先生が声を大にして言っているところ(超重要)を必死にメモメモ
この作業が最終日の試験に活きてくるのです!(つまりテストに出る

そしてそしてそして!!!初日の授業後には!
日本が誇る大強度陽子加速器施設、J-PARKを見学させてもらいました!
先日の記事はこちら→祝!J-PARC実験再開

受講生みんなでバスに乗って東京ドーム14個分の広大な敷地を加速器に沿って移動し(大きさを実感)、
その後ビームラインと呼ばれる測定部分も見せてもらったのでした。ラッキーだったなぁ。



※注意
東日本大震災で、東海村も震度6弱の揺れに見舞われました。そのため私が体験した内容が、現在は違っている可能性が大いにあります。講習の内容などについては各自ご確認くださいますようお願いします。


資格ブログランキング参加してます。バナーを押して応援していただけるとすっごく励みになります!
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

関連記事
[ 2012/01/28 11:23 ] 講習受講記 | TB(0) | CM(0)

スポンサーリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チャンマー

Author:チャンマー
地方都市で2児の子育てに追われる30代主婦が、
限られた時間の中で,どうやって勉強して第1種放射線取扱主任者の資格取得をしたかを書いていきます。
いっしょにがんばりましょ~!

※本ブログはリンクフリーです。
承諾なしにリンク貼っていただいてかまいません。
コメント・トラックバック大歓迎
お待ちしています!

ランキング参加してます
ランキング参加してます
励みになります。応援よろしくお願いします。
FC2ブログランキング参加中
ブログランキング参加してます。 押してくださると励みになります。

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
現在の閲覧者
スポンサーリンク
PR