第一種放射線取扱主任者の勉強法 ~ぐーたらチャンマーの勉強箱~

半減期の語呂(ゴロ)合わせや放射線に関するコラムを書いています。一緒にお勉強しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スポンサーリンク

3月11日に思うこと【2013年】

今日は3月11日ですね。
2年前のあの日、私は東海村の日本原子力研究開発機構で講習を受講していました。
当時の記事はこちら→東海村被災記

あれから2年…
今日は一日、震災の番組一色だろうなと思いながら朝新聞を開いてびっくりしました。

ゴールデンタイムには、ほとんど震災関連の番組がないんですね・・・。

Qさまとかとんねるずとかネプリーグとか・・・

そうか・・・これが2年経つということか、としみじみ思いました。


死者・行方不明者1万8549人、その多くが亡くなった命日である今日が、
こうやって普通の日の一つになっていくのかなぁと。


私の出身は宮城県です。山沿いにある実家にいた家族は無事でしたが、平野に住んでいた叔父や叔母は亡くなりました。亡くなった日はわかりませんが、きっと今日が命日なのだろうと思います。
(叔母の遺体は一月後、叔父は二月後に海岸で見つかりました)
叔父さんはおいしい苺を作っていたので、スーパーでイチゴを見るたびに思い出します。

家族を失った方なら、思い出さない日はないでしょう。
でも、東北から遠く離れていると、どうしてもあの日のことは遠くなっていきますよね。

2013年2月15日時点での避難者の数は、315196人でした。
いまだに30万人以上の方が、苦しい生活を強いられています。


先日みたTV番組では、福島の公園で遊ぶ子供たちの姿を映していました。
毎日計測される放射線量が公園の中のボードに書いてあり、それをみて子供たちが
「おっ!今日は0.25マイクロシーベルトだって!低いから遊べる!!」と喜んでいるのです。

改めて原発事故の罪深さを見せつけられた思いがしました。

こちらのサイトで、毎日の放射線量の数値を見ることができます。
文部科学省:放射線モニタリング情報

ぜひ、自分が住んでいる場所と、福島県相双(そうそう)地方の数値を比べてみてください。
放射線と戦っている人達が日本にはたくさんいて、その戦いはまだまだ続くのだ、ということを痛感させられます。それは、私たち放射線取扱主任者の戦いでもあるはずです。

今年、放射線取扱主任者の資格受験をする方、放射線に興味をもって勉強を始める方、
私も微力ながら精一杯応援させてもらいます。一緒にがんばりましょう。


最後に、亡くなった方のご冥福と、一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

チャンマー
関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チャンマー

Author:チャンマー
地方都市で2児の子育てに追われる30代主婦が、
限られた時間の中で,どうやって勉強して第1種放射線取扱主任者の資格取得をしたかを書いていきます。
いっしょにがんばりましょ~!

※本ブログはリンクフリーです。
承諾なしにリンク貼っていただいてかまいません。
コメント・トラックバック大歓迎
お待ちしています!

ランキング参加してます
ランキング参加してます
励みになります。応援よろしくお願いします。
FC2ブログランキング参加中
ブログランキング参加してます。 押してくださると励みになります。

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
現在の閲覧者
スポンサーリンク
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。