第一種放射線取扱主任者の勉強法 ~ぐーたらチャンマーの勉強箱~

半減期の語呂(ゴロ)合わせや放射線に関するコラムを書いています。一緒にお勉強しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スポンサーリンク

文系出身は放射線取扱主任者になれるのか

こんばんは、チャンマーです。

時々文系出身の方からコメントをいただきます。
(先日もトモさんよりコメントいただきました。ありがとうございます!)

いただくコメントは「文系でも放射線取扱主任者になれるでしょうか?」という不安な気持ちのものが多いです。
今日は、そんな文系の方に向けてメッセージを書きたいと思います。


以前チャンマーのスペックという記事にも書きましたが、私は工学部出身ですので一般的にはバリバリの理系、ということになると思います。

しかしその実態は隠れ文系…。

もともと得意科目は国語と日本史で、高校2年までは法学部に行きたいなと思っていました。
しかし、好きな教科とはいえもんのすごく頭がいいわけではないので、希望していた大学の法学部には入れそうもない…。(点数イメージ:国語90点、英語85点、数学50点)
のびしろを考えると、このまま文系で進むよりも、理系に進んだほうがよいのでは?
(国語90点→95点よりも、数学50点→70点のほうがトータル点がのびていい大学いけそう)
国語、英語が得意な理系というのは、意外とおいしいかも?就職にもつよそうね

という、高校2年生とは思えない打算で、3年生から理系に転向したんです

だから物理は1年しか勉強できなかったし、化学も数学も、なんとか基本はわかってて平均点はとれるレベルです。
ただし国語と英語が9割くらいとれたので、センター試験の配分が高い大学だと有利でした。

以上がチャンマーの昔話なんですが・・・



第1種放射線取扱主任者の科目は以下の6つがありますね。

物理学(75分)    
化学(75分)
生物学(75分)
物・化・生(105分)
管理・測定(105分) 
法令(75分)      

このうち、生物と法令は、文系の人のほうがなじみがあり有利だと思います。
管理測定も、かなり暗記ものなので、これも文系の人にはいいかも。
(文系の人が数式をみて「おぇー」ってなるように、理系の人で法令をみると「おぇー」ってなる人多いです。)

てことは、教科の半分は文系有利ですよね。(ちょっと強引?でも今日は文系応援デーなので)


で、あと問題は物理と化学(と数学)なんですけど・・・。

第一種放射線取扱主任者の教科書とも言える放射線概論は、(おそらく)大学生以上を対象にしているため、高校までで習っているはずのものについては全然解説してくれません。すっごく難しく感じると思います。

なのでいきなり放射線概論を読むよりは、よりやさしめの「放射線のやさしい知識」(アマゾンで中身が数ページ見れます)のような本のほうが、放射線に関する理解を深められるかと思います。

絵とき 放射線のやさしい知識絵とき 放射線のやさしい知識
(1984/01)
飯田 博美、安斎 育郎 他

商品詳細を見る


さらに超初心者向けで無料ということでは、北海道大学が無料公開している「もっとわかる放射線と放射能」もおすすめです。


やさしい本やHPから、少しずつステップアップしていってはどうでしょうか?
本を読む能力って、文系人間のほうが長けていると思うんですよ!


ただし、やっぱり計算ができないと試験に合格できないので…


高校レベルの物理、化学、数学から勉強してみてください。回り道をしているようで、これが最短の道かと思います。
ただし、例えば物理であれば高校物理の全てが必要なわけではなく、「力学(運動・エネルギー)」「波動」「原子」のジャンルだけわかればいけると思いますので、すべて勉強する必要はないです。
高校生向けの参考書売場などで、ご自身に会いそうなものを探してみてください。

また、化学については「化学反応式がかけて、濃度などのモル計算ができること」

数学は「指数・対数の計算」が最低限必要になると思います。

結構、難しいですよ。


文系の方は、あまり急ぐことなく、数年計画で挑戦してみてください。
各教科が5割以上(かつ全教科で6割以上)で合格という制度なのも、文系の方にはよいと思います。
(物理・化学の難しい問題は半分捨てて、生物・法令で高得点を狙えばよい)

私のブログからリンクを貼っている、「目指そう放射線主任」の虹法師さんのブログは第2種放射線取扱主任者試験の攻略についてかかれていますが、ログ(LOG)は捨てよなどの斬新な勉強法で見事第2種に合格されているので、そちらも参考になると思います。

いきなり難しいことに取り組んで挫折してしまうよりも、ゆっくりと少しづつわかることを増やしていってください。

放射線は、私達の身近に、常に存在するものです。
放射線に関する勉強は、決して無駄にはなりません。
試験に合格することだけでなく、放射線について勉強すること自体が、今後の人生の武器になると思います。


文系出身のみなさまのご健闘を心よりお祈りしております。

チャンマー


>>>放射線取扱主任者試験のNO.1ブログ目指してがんばってます!ポチっと応援していただけるとすっごくうれしいです!
人気ブログランキングへ


関連記事
[ 2012/08/02 22:04 ] 受験の前に | TB(0) | CM(8)

スポンサーリンク

チャンマー様に同感
またまたお邪魔してしまいました。チャンマー様の本ブログでも紹介いただいた虹法師です。
私は法学部卒(当時、仲間は阿呆学部とよく紹介していました)の文科系です。自分のブログにも書いていますが、対数と統計が苦手でした。数式を暗記して、とりあえず解いてはみましたが、何か理解できた気がしなくていつも不安でした。いくつかのパターンを暗記すれば、対数や統計を理解できなくとも、合格することは可能です。しかし大きな壁にぶち当たった気がして、勉強を続ける意欲がめげてしまうのですよね。「分からない!」というストレスから、勉強を続けていくモチベーションの維持が難しくなるのだと思います。
私は放射線の資格を取って良かったと思います。放射線はこうなんですよと曲がりなりにもお話しすることができるからです。そうなることが放射線主任を目指した目的でした。
今、放射線の不安を抱えている方が日本中に沢山おられます。そしてその中の大多数の方が放射線を過度に恐れている様な気がします。私のような文系の方も、諦めずに放射線の勉強を続けていただき、自信を持って放射線を語れる方が増えていけば良いなと願います。
どうか理系用語で下がったモチベーションを、何故放射線主任を目指したかの目的を思い出して、克服して下さい。
チャンマー様のように「主婦でも学べる放射線」
私のように「文系でも学べる放射線」

チャンマー様、乱入失礼しました。今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2012/08/03 12:00 ] [ 編集 ]
はじめまして、ふみおです
今年は無理ですが、いつか挑戦したいと思っています
理系文系以前に高卒ですけど( ̄▽ ̄)
ブログたのしみにしています
[ 2012/08/03 22:06 ] [ 編集 ]
こんばんは、チャンマーさん。
記事の内容と全然関係ないですが少し質問させてくださいm(_ _)m

過去問はお持ちでしょうか?
2009管理測定技術の問3のⅢのJについてなのですが…解答を見ると表面線量の計算の分母に(10×10-2乗)の2乗とありますが、この10という数字が一体どこから出てきたのやらさっぱりわかりません(>_<)
Kの計算の分母の50は問題文に与えられているのでわかるのですが…。

よろしければ教えてください!お願いします!
[ 2012/08/04 22:31 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは、Rogueさん。チャンマーです。
過去問解いてらっしゃるんですね!えらいですv-411

さて私の持っている過去問をみたらなんと2008年までしか載っておらず…どうやら2009年は私が受験した年のようですv-356。手元に試験問題だけありました。K2CrO4の表面線量の問題であっていますか?

(10×10-2乗)というのはつまり 0.1 ということですよね。これは、運搬容器が一辺20センチ(0.2m)で、線源が中央にあるので、線源から表面までの距離を0.1mとしているのだと思います。(箱の角を持てばもっと距離ありますが、線源に一番近い場所で計算するため)
同じ解き方のKのほうは、距離が0.5mですよね。

たぶんこれであっていると思うのですが…もし違っていたらごめんなさい。
[ 2012/08/05 02:54 ] [ 編集 ]
Re: チャンマー様に同感
虹法師さん、こんばんは。チャンマーですv-411
法学部だったんですか~v-363ブログ読ませていただいて、「虹法師さんて文系なのかな?」とは思っていたのですが、法学部とは驚きました!じゃあ法令は得意ですねv-392
本当に、理系用語が曲者なんですよね。簡単なことまで、難しい用語で説明してるから混乱するんですよ~。
もっと平易な言葉で、わかりやすく放射線のこと説明できたらいいんですけど、なかなか難しくて…v-356
お互いよいブログを書けるようがんばりましょーねv-410
[ 2012/08/05 03:02 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ふみおさん、はじめまして。チャンマーです。
コメントありがとうございます。
ブログ読んでいただいてうれしいですv-410
放射線取扱主任者試験の基礎は高校にあるので、高卒でも大丈夫です!いつか挑戦してください!
(どっちかというと、高校の記憶が薄れないよう早目のほうがよいかもv-355
がんばってブログ書くので、またのぞきに来てくださいねv-343
[ 2012/08/05 03:06 ] [ 編集 ]
こんにちは!
解説ありがとうございます!理解できました!

ああ…問題文にちゃんと‘運搬容器の中心に置かれた’って書いてますね、見落としていました(^_^;)

本番でもちゃんと問題文読むように気を付けます!
[ 2012/08/05 17:13 ] [ 編集 ]
こんにちは
チャンマーさん、主婦でしたか。合格よかったですね。
その後、病気療養はいかがでしょうか?回復されたのでしょうか。
合格後、この資格を活用されているのでしょうか?
私は、23歳の時にこの資格を取り、30年以上になりますが、1回も活用していません(笑)。もったいない限りです。
試験科目もいまとちょっと違うのかな。物理、化学、生物は放射線に関するもの限定でした。
[ 2016/01/09 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チャンマー

Author:チャンマー
地方都市で2児の子育てに追われる30代主婦が、
限られた時間の中で,どうやって勉強して第1種放射線取扱主任者の資格取得をしたかを書いていきます。
いっしょにがんばりましょ~!

※本ブログはリンクフリーです。
承諾なしにリンク貼っていただいてかまいません。
コメント・トラックバック大歓迎
お待ちしています!

ランキング参加してます
ランキング参加してます
励みになります。応援よろしくお願いします。
FC2ブログランキング参加中
ブログランキング参加してます。 押してくださると励みになります。

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
現在の閲覧者
スポンサーリンク
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。