第一種放射線取扱主任者の勉強法 ~ぐーたらチャンマーの勉強箱~

半減期の語呂(ゴロ)合わせや放射線に関するコラムを書いています。一緒にお勉強しませんか?

除染はマイルドに、まわりから[管理技術]

こんばんは、チャンマーです。


今日はRIによる汚染の除去のお話をしたいと思います。(一応管理技術分野)

RIによる汚染の除去というのは、普通の家庭のお掃除と違って、いくつかポイントがあるんですね。
普通のお掃除であれば、汚れたところをザッザッと水で流したり布で拭いたりしてピッカピカ完了
となるんですけど、放射性物質による汚染だと、
この洗浄につかった水や布が汚染されて、よけいに汚染範囲が拡大するという問題があるんですね。

それにまたこういったRI汚染物質の処理費用というのが馬鹿高いんですよ。
日本アイソトープ協会が放射性廃棄物の引取りもしていますが、可燃物を50L処理してもらうのに3~5万円です。
みなさんのお宅にも家庭ごみの収集袋があると思うんですけど、あれの一番大きいのがたいてい40~45Lです。
あれくらいの量を処分するのに、数万ですよ。しかもこれでも可燃物は処理費用が一番安いんです。(たぶん、焼却灰になって最終処分の容積が減るから?)
ご興味のある方はどうぞ→RI廃棄物料金表(日本アイソトープ協会HP)


そこで、RI汚染の除去では、汚染を拡大しないことが重要であり、「マイルドに、まわりから」行うというのが言われています。

例えば、実験中にRI試薬をこぼしちゃった!という場合

汚染箇所の確認し(このときサーベイメータにはラップをかけてくださいね。汚染しちゃうから)、マークをつける

マークの外から内側へ、回収率の高いマイルドな方法から洗浄を始める

という流れが正解です。



「マイルドな方法で洗浄していたら、汚染物が増えてよくないのでは?」と思うでしょうか。


以前聞いたお話ですが、室内の壁がRIで汚染して、数名で除染方法を考えたときに、
A君が「布を水で濡らしてふき取ろう」と言ったら、
B君が「エタノールのほうがよく取れるだろう」と言い、
C君が「それよりアセトンのほうがよく効くよ!」と言うので
布にアセトンを染ませて壁を拭いたら、壁の塗料がアセトンで溶けてRI汚染が壁の奥まで染み込んだ
という失敗談を聞いたことがあります。
奥まで染み込んだ汚れを除去するのはとても大変です。なのでこの場合はマイルドな水からはじめるのが正解なんですね。



また、汚染が固着(こびりついちゃうこと)することを防ぐために、すみやかに除染するのが原則ですが、
稀に「ほっておく」という荒業もあります。

これは汚染源のRIの半減期がごく短い場合で、汚染が激しいような場合に、シートなどで覆いをしたうえで、人の立ち入りを制限し、十分減衰するのを気長に待つという方法です。例えばヨウ素131なら半減期は約8日間だから、16日で4分の1、24日で8分の1、1ヵ月と1日で16分の1になりますね。まー実際にはヨウ素は気化するのでこの方法は向いていないと思いますけど・・・。

わたしも実際この手法を試したことはないですが、荒業として覚えておいて損はないと思います


資格ブログランキング参加してます。バナーを押して応援していただけるとすっごく励みになります!
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2012/07/02 23:57 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)

チャンマーより愛を込めて パート5



こんばんは、チャンマーです。

最近お仕事もプライベートもばたばたして忙しく、なかなか更新できずにおりました。


いよいよ、せまってきましたね!
やつが!

少しでもお勉強のお役にたつ記事を書きたいのですが、なにせ文章書くのが遅くて、なかなか進みません(←ていうかお役に立てる知識があんまり・・・

リンク貼らせていただいている虹法師さんの「目指そう放射線主任」というブログがあるのですが、
最近は過去問を解説しながら記事かかれたりしていて、

「おおおーすごい!ためになる!

と感動しながら読んでおります
ああいう記事が書けるといいな・・・


そしてそんなことをしている間に、カウンターが50000を回りました。
このような拙いブログを訪れてくださるみなさんに、厚く御礼申し上げます。

私はみなさんのために地を這いずり回って四葉のクローバーを見つけてきました
(ちょっと枯れてますけど・・・)

みんなにいいことがありますように

関連記事
[ 2012/07/10 19:04 ] カウントダウン | TB(0) | CM(2)

「常時人の立ち入る場所」って…(管理測定)

こんばんは、チャンマーです。
毎日暑いですね~。

以前「管理区域の数値を考える」という記事を書きました。


昔私がこの管理区域の勉強をするたびに疑問に思っていたことが、

「常時人の立ち入る場所ってどこ?」です。

「常時人の立ち入る場所」って、わかるようでわからないすごく微妙な言い回しじゃないですか?

だってたとえば家の中なら、玄関だって居間だってトイレだって寝室だって常に出入りしますよね・・・。
会社だって、デスク回りもだし、実験室も、トイレも、倉庫もみんな常に出入りしますよ。

どーゆーことなんじゃ



しかし実はこの言い回し、私は別なところでも見たことがあるのです。

それは 強力防虫剤のバポナを実家に吊るそうとしたときでした。(15年くらい前でしょうか。古~)
バポナって、昔はCMもバンバンやってて、「ハンコで買う殺虫剤」という強烈なキャッチコピーで売ってた商品なんですけど、若い人は知らないかも知れないですね・・・。
バポナにはジクロルボスという毒入り餃子で一躍有名になった有機リン系成分が使われていて、これがなかなか危ないらしいです。

それで書いてあるんですよ。
「常時人の立ち入る場所でのご使用はお控えください」
ってね。

あれ?じゃー家で使えないじゃん、常時立ち入ってるんですけど、と。

しかし今HPなどで説明書をきちんと読んでみると、使えない場所は
「居室(客室、事務室、教室、病室含む)と飲食する場所、飲食物が露出している場所(調理場、食料品庫、食品加工場)」となっているんですね。

まーこれを放射線管理区域に当てはめて考えてみると、
管理区域内で飲食する人はたぶんいないと思うんですけど・・・(食べちゃだめ!絶対)
病気で寝ている人もいないかな・・・(寝ちゃだめ!絶対)
ってことは、お仕事する場所を指してるんでしょうね。
あれ?みなさん最初からそう思ってました?うーするどいですね!!

時々クーラーが効いて涼しい管理区域に行くと、このままここで昼寝してしまいたいという誘惑に駆られるんですけど、そういうことはしてはいけません。
どうしても必要な時間以外は、速やかに退室してくださいね


ところで、「ハンコで買う殺虫剤」として有名だったバポナですが、2012年の5月31日に、劇薬指定が解除されたため、「譲受書」が不要になったそうです。時代の移り変わりを感じますね。
どーりでチャンマーもちゃくちゃくと年をとっておりますよ・・・


資格ブログランキング参加してます。バナーを押して応援していただけるとすっごく励みになります!
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2012/07/11 23:07 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)

鉛カバーのニュース

こんばんは、チャンマーです。

今日は、放射線取扱主任者として見逃せない悲しい記事がありました。

 被曝隠し?作業員の線量計に細工、鉛カバー指示
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、復旧工事を請け負った建設会社が、作業員の持つ線量計を細工し、被曝(ひばく)線量を低く装うよう指示した疑いがあるとして、厚生労働省が調査に乗り出したことが、分かった。

(2012年7月21日17時29分 読売新聞)


ご存知のように、鉛はエックス線やガンマ線の遮蔽に有効ですね。もちろんW(タングステン・福島第一原発に水をかけたヘリの床に敷き詰められたことでも有名)でもいいですけど、高いです

それで、鉛でカバーを作って、従業員の線量計にカバーをかけるように指示したというんですよ…

放射線管理の仕事をしている人間としては、やはりこういうリスクはあるんだなぁと身につまされます。

線量計(あるいはフィルムバッジ)を配布して、きちんと管理しているつもりでも、全然つけていないかもしれない…。
RI試薬を、小分けにして管理区域外に持ち出してるかもしれない…。
退室のとき、ちゃんと手を洗ったり、ハンドフットクロスモニタで計ってないかもしれない…。

と、疑えばきりが無いのですが、それぞれに付っきりで監視することは難しいので、結局はお互いの信頼関係で成り立っているわけです。

なので、今回のこのニュースはちょっとショックでした…。


しかし、この偽装を指示した福島県浪江町の建設会社もまた、被災者(被災企業)であるわけで、そのおかれている苦しい立場を思うと本当に切なくなります…。

でもでも、やっぱり許せません!!
このブログを読んでいる方で、「ちょっとくらい大丈夫だよ」と危ない作業させられている方がいたら、ためらわずに通報してやってください。

「職場でこんなことさせられてるんですけど…大丈夫なんでしょうか?」とか、文部科学省の科学技術・学術政策局原子力安全課(電話番号:03-6734-4026)あたりに電話してやったらいいと思います。
それか厚生労働省でしょうか。


これから放射線取扱主任者を目指される方にも、こういうリスクがあるということを心に留めておいて欲しいと思います。



関連記事
[ 2012/07/21 20:35 ] 放射線のお話 | TB(0) | CM(4)

まさかまさかの1ヵ月前です[第一種放射線取扱主任者試験]

こんばんは、チャンマーです。

突然ですが、人生には三つの坂があるって話知っていますか?昔小泉首相が言っていましたね。


一つ目は上り坂

二つ目は下り坂

三つ目はまさか!!


だそうです。(ちなみにガッツ石松氏によると、4つ目の坂が赤坂)


まさかまさかで、試験まであと一ヶ月となりましたね!


多くの方が、これまで数ヶ月間お勉強をしてきて、
「お?意外と解ける!おれって天才じゃね?」と喜んだり、
「駄目だ!絶対受からん!まじ問題の意味がわからん!」と嘆いたりしてきたと思います。

お手持ちの放射線概論はいい感じに汚れて来ましたか?
一番最初に手にしたときに、「この本は絶対読めん」と思った本が、結構読めていませんか?
すーーーーっごく、成長していると思いますよ。



相変わらず全然だめだ、という方も、

三つ目の坂 まさか で受かれる可能性はありますので、まだ諦めないでくださいね(←無礼ですみません)

いよいよあと一ヶ月です!

全国の第一種、第二種合わせて6000名強がラストスパートをかけてきます。
最後までがんばりましょう




関連記事
[ 2012/07/22 00:01 ] カウントダウン | TB(0) | CM(6)
プロフィール

チャンマー

Author:チャンマー
地方都市で2児の子育てに追われる30代主婦が、
限られた時間の中で,どうやって勉強して第1種放射線取扱主任者の資格取得をしたかを書いていきます。
いっしょにがんばりましょ~!

※本ブログはリンクフリーです。
承諾なしにリンク貼っていただいてかまいません。
コメント・トラックバック大歓迎
お待ちしています!

ランキング参加してます
ランキング参加してます
励みになります。応援よろしくお願いします。
FC2ブログランキング参加中
ブログランキング参加してます。 押してくださると励みになります。

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
現在の閲覧者
スポンサーリンク
PR