第一種放射線取扱主任者の勉強法 ~ぐーたらチャンマーの勉強箱~

半減期の語呂(ゴロ)合わせや放射線に関するコラムを書いています。一緒にお勉強しませんか?
月別アーカイブ  [ 2012年02月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3月11日in東海村

平成23年3月11日  16:00頃

さて東海村受講記の最終日の続きです。

突然の地震(震度6弱)に見舞われ放射線取扱主任者の登録講習も急遽終了となり、現実感のないまま皆帰路に着き始めました。

ちなみにこのときは、ケータイ(Softbank)はまだ使えていました。
宮城の実家に「大丈夫?」とメールしても、「揺れたけどケガはないよー」と返事が返ってきましたし(ちなみに実家は震度7)、夫に電話したりする余裕もありました(自宅は震度3)。
このころ既に電車が止まっているという情報はあったのですが、まだ大変なことが起きているという認識はなかったです。
「なんか研修終了になったけど飛行機のチケットは明日だから予定通り寮に一泊してから帰るわー」などとのんきに答えていました。

その後国道245号線を歩きながら宿泊施設(原研の真砂寮)に向かって歩き始めましたが、ものすごい渋滞。
その理由はところどころ三角に盛り上がった道路でした。
写真はこちら↓
douro
こんな場所がたくさんあり、そこが一車線の交互通行になるので渋滞していたのです。
「ぉおーなんじゃこりゃー」と無邪気に写真をとる私…。このあと停電でどこでも充電できず、携帯がまったく使えないと言う緊急事態になって本当にバカな自分を呪いました…。


まあどっちみちこの日の夜からはケータイ自体が電波を拾わず全く繋がらなくなってしまったのですが、ケータイの充電が
切れちゃうと電話帳などの様々な情報も消えてしまうんですよね。私は時計も持ち歩かないので時間もわからないですし。
自宅と実家の番号は暗記していますが、あとはあやしい…。紙のアドレス帳はやはり大切なんだと痛感しました。


その後寮についたら案の上真っ暗で、建物はひびだらけだし、管理人さんから倒壊の危険性があるので避難所へ行って欲しいと言われ、食堂に行ったが電気ガス水道全部止まってるし食材が届いてないから今日はご飯だせませんと言われて、初めて「これはやばい」と思ったのです。(遅すぎ?)


どうやら泊めてもらえないことがわかったので、一緒に講習をうけた人たち数名と寮から一番近い村松コミュニティーセンターというところに向かいました。
ちょっと記憶があやふやなのですが、私はこの頃、橋を渡ったときに川の水が下流から上流に流れて行くのを目撃しています。(見たのは確かだが、いつ見たかがよく覚えていない)
その状況でも、「地震=津波」という全く無く、またそういう危機感を持っていた方も回りに誰もいませんでした。
「わー川が逆流してるよ!」とか言ってました。

10分ほど歩いて着いたコミュニティーセンターというのは公民館のようなもので、小さい体育館と、会議室が数室あり、ここも何もわからない状況は変わりませんでしたが、建物の外に地元の消防団の方(?)達がテントを張ったり火を起こしたりしていて、既に避難して来た方たち100~200名くらいが集まっていました。

この日はここで毛布一枚借りてて体育館の床に寝ました。夜10時くらいに2人に1本ずつ500mLのミネラルウォーターとアルファ米のピラフを配給してもらいました。
アルファ米というのは↓こんな食べ物で、
尾西食品(OnishiFoods) えびピラフ EP尾西食品(OnishiFoods) えびピラフ EP
()
尾西食品(OnishiFoods)

商品詳細を見る

お湯を入れれば20分で食べられるのですが、水の場合は1時間待つのです…。お昼のお弁当を食べたのが最後なので、すでに10時間以上何も食べていないことになり、気付けばとても空腹でした。50分くらいで待ちきれずに食べちゃいましたが、なかなかおいしかったです
中にスプーンも入っててとても画期的だと思いました。


夜は本当に寒かった・・・。体育館に1台だけ、大きいストーブがあったのですが、それだけでは当然あたたまることはなく、時々くる余震におびえながら靴を履いたまま眠るというのは、なかなかきつかったです。

また、この日の記憶として、星がものすごくきれいに見えたことを思い出します。
広い範囲が停電しているので、きっとよく見えたんでしょうね。
日本中で、多くの人が不安を抱えながら夜空を見上げた日・・・。
夜はしんしんと更けていきました。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/16 18:45 ] 東海村被災記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

チャンマー

Author:チャンマー
地方都市で2児の子育てに追われる30代主婦が、
限られた時間の中で,どうやって勉強して第1種放射線取扱主任者の資格取得をしたかを書いていきます。
いっしょにがんばりましょ~!

※本ブログはリンクフリーです。
承諾なしにリンク貼っていただいてかまいません。
コメント・トラックバック大歓迎
お待ちしています!

ランキング参加してます
ランキング参加してます
励みになります。応援よろしくお願いします。
FC2ブログランキング参加中
ブログランキング参加してます。 押してくださると励みになります。

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
現在の閲覧者
スポンサーリンク
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。