第一種放射線取扱主任者の勉強法 ~ぐーたらチャンマーの勉強箱~

半減期の語呂(ゴロ)合わせや放射線に関するコラムを書いています。一緒にお勉強しませんか?

そして何点とれたのか?

第1種放射線取扱主任者試験を受けてから数日たって、試験の答えあわせをしました。

とはいっても主催者から答えは公開されていないので、いろんなHPにアップされている頭の良い方たちの模範解答を
参考に自己採点するしかありません。

私がお世話になったのは 2ちゃんねるの「放射線取扱主任者」スレッドです。読むだけで参加したことはないんですけど・・・。
2ちゃんねるにはあまりよくないイメージを持つ方もいるかと思いますが(失礼!)、完全な素人の人から何者やねん!ってほど詳しい方までが集う良いスレッドだと思います。
「放射線取扱主任者」のスレッドが第一種、「放射線取扱主任者[第2種]」が第二種受講者用と分かれているようです。(第二種のほうはほとんどのぞいたことないのでよくわかりません)


試験後数日間は受験者の皆さんが自分の解答をアップして、模範解答を作ってくださいます。
もちろん間違いがある可能性もありますが、全国の猛者達が検証してくださった限りなくパーフェクトに近い
解答と信じて採点してみました!!

結果・・・

物理   21点/30点満点  70%
化学   21点/30点満点  70%
生物   28点/30点満点  93%
法令   22点/30点満点  73%
管理測定 不明だがたぶん6割程度
物化生 不明だがたぶん7割程度

でした!管理測定と物化生の点数が不明なのは、他教科と違い配点が不明でして・・・
過去問を見て頂けるとわかりますが、この2教科は総合科目的な位置付けで、まず6つの大問があり、
その下にたくさんの問題があるんですね。
例えば21年度の管理測定 第1問では、単語を答える小問が19問、式を答える小問が1問の計20問なのですが、この二つは絶対配点が違うはずですよね?たぶん計算が必要で時間がかかる問題には配点が高くされていると思う(思いたい)ので、点数は不明なんです。

この年は生物が簡単だったようですが、私が文系科目のほうが好きというのも要因の一つかもしれません。

この資格の合格基準は、「試験課目ごとの得点が5割以上であり、かつ、全試験課目の合計得点が6割以上」となっていますので、このようにぎりぎりな結果ではありましたが、チャンマーはなんとか第一種放射線取扱主任者試験に合格することが出来たのでした!
よかった!!(21年度合格率22.4%)



放射線取扱主任者試験問題集(第1種)〈2012年版〉放射線取扱主任者試験問題集(第1種)〈2012年版〉
(2011/12)
不明

商品詳細を見る



資格ブログランキング参加してます。バナーを押して応援していただけるとすっごく励みになります!
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

関連記事
[ 2012/01/03 16:11 ] 受験体験記 | TB(0) | CM(0)

7月下旬にやってたこと(過去問のやりかた)

7月になると、第一種放射線取扱主任者試験日まであと1ヶ月・・・ということでかなり焦ってきました。(おっそー)

とっくの大昔にアマゾンで「放射線取扱主任者試験問題集第1種2009年版」は購入してあったのですが、4,410円もするだけあってこれがもんのすごく分厚い本なんです。
あんまり分厚くて開いておくのも大変なくらい。それに重い。そしてつまらない。(全部言い訳ですが)
というわけで買ってからそのまま放置してあったのですが、7月の下旬についに過去問とやらを解いてみました。

過去問スケジュール

当時の過去問スケジュールを見ると、初めて過去問を解いたのが7月24日で、一番自信のあった生物が14点(30点満点)です。(なんか2点とかへんな点数もちらほら見えますが・・・)
一応過去5年分を3回ずつ解く計画でしたが、実際はせいぜい2回ずつしかできませんでした。
「×のみ」と書いてあるのは、間違った問題のみやり直した、の意味です。私は問題を解いた後必ず番号のところに〇×を書いておくので、後日全問解く時間が無いときには×印問題のみをやるスタイルをとっています。
でも、1回目より2回目、と着実に点数はあがっています。
1ヶ月前に始めたせいでせいぜい2回しか出来なかったんですが、もっと早くに始めていれば計画通り3回出来て高得点も取れたと思います。これから受ける方はがんばってね!

ところで、こんなに嫌がっていた過去問ですが、実際解いてみると非常に良問が多く、問題を解くことによって理解を深めることが出来ました。
私が購入したのは過去7年分の過去問が載っているものでしたが、実際7年前の問題までは出来ませんでしたし(始めるのが遅すぎとも言いますが)、現在は希望する年の分だけ700円ちょっとで手に入るようなので、3年分くらいを手に入れて勉強すれば充分かもしれませんね。

とにかく過去問は早めに手をつけて、自分の出来なさ加減にショックをうけるところからすべてが始まると思います!



放射線取扱主任者試験問題集(第1種)〈2012年版〉放射線取扱主任者試験問題集(第1種)〈2012年版〉
(2011/12)
不明

商品詳細を見る

第1種放射線取扱主任者試験問題と解答例 第54回第1種放射線取扱主任者試験問題と解答例 第54回
(2010/04)
日本アイソトープ協会放射線取扱主任者部会

商品詳細を見る

↑上が7年分のほう、下が単年度分です。対応可能な時間によって費用対効果で選ぶとよいと思います。






>>>放射線取扱主任者試験のNO.1ブログ目指してがんばってます!ポチっと応援していただけるとすっごくうれしいです!
人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2012/01/03 22:29 ] 受験体験記 | TB(0) | CM(0)

必勝プリントって?

今日は「必勝プリント」について書こうと思います。

と言っても、見たこともやったこともないんでオススメはできないんですが(キリッ

怪しさ満点のネーミングの「必勝プリント」、実はこれ、名著「放射線概論」など数々の放射線テキストを出版している
通商産業研究社が出している放射線取扱主任者試験のための「必勝プリント」なんです。

学校の定期試験など、ほとんど根性と一夜漬けで乗り切ってきた人間にとって、

<<過去問題の出題傾向を徹底的に分析した合格エキスたっぷりのプリント>>
(同社ホームページ紹介文より)


というのは、のどから手が出るほど欲しいものなのであります。
しかもこの垂涎もののプリントが第1種用は320枚も入って8800円。
(ちなみに第二種放射線取扱主任者試験用は200枚で6300円!)
これで受かるなら安ーーいい!!買う!!!

って思ったんですが。
すでにこのプリントの存在を知ったときには7月でして。過去問も一回も手をつけてないのにこれ以上プリントなんて出来るわけないな、と自分の中の冷静な部分が気付いたので購入しませんでした。(高いし←本音)

でもまだまだ時間のある方にはとてもよいかもしれません。
必勝プリント詳細ページ←こちらで見ることが出来ます。

言っておきますが、私はやったこと無いのでオススメはできません。だれか実際購入してやってみた人がいたら感想教えてください。(他力ですみません)


資格ブログランキング参加してます。バナーを押して応援していただけるとすっごく励みになります!
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

関連記事
[ 2012/01/04 20:17 ] 勉強法 | TB(0) | CM(2)

第1種放射線取扱主任者のおまけ

今日は勉強法の話ではなく、お得なおまけのお話です。チャンマーはおまけ大好き

実は、第一種放射線取扱主任者の免状をもってると・・・

エックス線作業主任者の免許ももらえるんです!!

お得う~。

で、どんな資格かといいますと、
「エックス線装置(医療用又は波高値による定格管電圧が1000kV以上の装置を除く。)を用いる作業などを行う場合は、エックス線による障害を防止する直接責任者としてエックス線作業主任者免許を受けた者のうちから、管理区域ごとにエックス線作業主任者を選任することが必要です。 作業主任者は、エックス線による障害の防止の措置の職務に携わります。」
(財団法人安全衛生技術試験協会HPより)

ということで、医療用でないエックス線装置を扱う企業においては、重宝される可能性はありますね。まぁぶっちゃけそれほど難易度の高い資格ではないんですが、履歴書に2個並べて書いたらなんか放射線のプロフェッショナルみたいでかっこいいじゃないですか!(実務的には、第1種放射線取扱主任者もってればエックス線作業主任者の業務は出来るので、ミーハー的意味あい以外で取得するメリットは低いです。)

おまけ大好きチャンマーは、早速地元の労働局行ってもらってきましたよ
労働安全衛生法による免許証は、緑がベースのプラスチック製で、顔写真も入りなかなかかっこいい!
(ちなみに放射線取扱主任者はA4の紙っぺら一枚です。)
一度労務局に書類貰いに行って、後日提出に行って(そのとき免状を持っていって見せた)、それからしばらくして郵送されてきたような・・・?費用は2000円くらいだったかなぁ・・・。

と記憶はかなりあいまいなんですけど、確かに手元にかっこいい免許証はあります。

みなさんも第一種放射線取扱主任者の免状とったら、よかったら申請してみてくださいね。
あ、あとガンマ線透過写真撮影作業主任者も申請だけでもらえます。名前聞いただけでマニアックすぎてこちらは申請してませんが、よかったらどうぞ~



>>>放射線取扱主任者試験のNO.1ブログ目指してがんばってます!ポチっと応援していただけるとすっごくうれしいです!
人気ブログランキングへ

関連記事
[ 2012/01/05 19:59 ] 受験の前に | TB(0) | CM(1)

放射線をはかる

第一種放射線取扱主任者試験には、いくつか科目がありますが、私がものすごーーっく苦手としていた科目があります。


それは管理測定です。。。


大学で放射線の勉強されていたり、職場が放射線関係の方なんかは、
「管理だけはなんとかイメージできるなぁ。毎日装置使ってるからなぁ。」
とか言うんですよ。

・・・わたくし、フィルムバッジすら見たことございませんでした

だって、私の前職は不動産関係ですよ?
放射線とか、まったく関係ない世界で過ごしてたんです。

なので、嫌々管理測定の勉強しようとページを開くのですが、これがまたおもしろくないのなんの・・・(失礼)

そんなとき購入したのがこちらの本。

「放射線をはかる」


まず題名に惹かれました。「おっ!管理測定のテキスト?」と思って。

でも中身は違います。むしろ、放射線の原理について、初心者にもわかるよう言葉で解説しようとした本だと思います。
なんといっても、私がこの本大好きなポイントは

縦書きなんです。

数学や物理や化学の教科書で、縦書きの本見たことありますか?
みんな計算式とか数字が入れやすいように横書きですよね?
でも、この本は縦書きなんです。(少しは式や数字はありますけどね)
著者の柴田徳思先生が、できるかぎり言葉で、放射線の説明をしようとしてくれています。

例えば、
「ガンマ線もX線と同様に電波ですが、歴史的に原子核の転移に伴い放出される場合にガンマ線と呼び、電子の作用により放出される場合をX線と呼びます。」という一文。

私は当初ガンマ線とX線の違いがよく理解できず、同じ電波なのに???とつまづいていたのがこの説明ですっきりしました。(レベル低っ)
ですます調もやさしい感じがしてすきです。

前半は原理・歴史などのお話ですが、後半になると測定の道具、医療や農業分野での放射線の利用などの具体的な話になります。フィルムバッジの写真もこの本ではじめて見ました。(ちなみに初めて触ったのは合格後の講習のとき)
ただ、注意して欲しいのですが、この本は測定の手順などについては書いていません。
例えばガイガーカウンターを購入した方が、測定の参考にしようと思ってもお役には立てません。取扱説明書をみたほうがよっぽどいいです。

1000円しない本でしたが、私は結構気に入って、ふとんの中で寝る前に読んだりしていました。(マスターノートならこうはいかないですよね!重いし!)

現場でバリバリしごとしてる人にはつまらない本かもしれないですが、初心者や文系人間を自認している人にはとってもいいと思います。



>>>放射線取扱主任者試験のNO.1ブログ目指してがんばってます!ポチっと応援していただけるとすっごくうれしいです!
人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2012/01/11 00:19 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

チャンマー

Author:チャンマー
地方都市で2児の子育てに追われる30代主婦が、
限られた時間の中で,どうやって勉強して第1種放射線取扱主任者の資格取得をしたかを書いていきます。
いっしょにがんばりましょ~!

※本ブログはリンクフリーです。
承諾なしにリンク貼っていただいてかまいません。
コメント・トラックバック大歓迎
お待ちしています!

ランキング参加してます
ランキング参加してます
励みになります。応援よろしくお願いします。
FC2ブログランキング参加中
ブログランキング参加してます。 押してくださると励みになります。

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
現在の閲覧者
スポンサーリンク
PR